デザインの発想

 デザインの発想は理屈ではなくインスピレーション。  販売促進目的なので、もちろんインスピレーションが湧くまでに商品知識をものすごい勢いでのみこみ、とにかく枠にはまらない。  枠内思考からは、ありきたりのものしか浮かばないのです。  固定観念を捨てることで、斬新な鋭い切り口ガ見えてきます。枠のない自由な発想の中で、ピカッと的を得たものに辿りつけます。    カッコイイ・・・・・“カッコイイ”はあこがれです。では、カッコイイの基準は何でしょうか?それは漠然としています。  雰囲気づくり・・・・・  あったかい雰囲気、クールな雰囲気、知的な雰囲気、親しみやすい雰囲気、などいろいろな雰囲気があります。  商品をPRするに当たっての、イメージづくりです。  その中で商品コンセプトや特徴がうまく表現できてこそ、目的のある広告だと言えるでしょう。  デザインは目で見る会話なのです。

目で見るものすべてが 何かを訴えている

見た瞬間には何かを感じ、考え、動きだす

常に新しい感覚で 広告媒体をフルに活かし 人々に伝えたい

心をこめてアピールします


Copyright (C) 1997-2017 ARTLINE Co.,ltd All Rights Reserved.